ウェディングケーキの注意点

ウェディングケーキについての情報が満載です!

入刀しやすいウェディングケーキ

入刀しやすいウェディングケーキ 結婚式の演出はオリジナル感を出したいというカップルも多く、昔の演出と今の演出とでは大幅に変化しているということも多いものです。
ちなみに昔も今も省かれることなく人気となっているのが、ウェディングケーキの入刀です。
多くのゲストが前に出てきて写真を撮ることも多いため、形や味にこだわるという人も多いです。
ですが、せっかくこだわりを出したものでも、入刀と同時に崩れてしまったりするようなものであれば、写真に残したくない瞬間を残してしまうことにもなります。
なのでカットしやすいウェディングケーキにするためにも、何段もの大きなものにするのであれば切る部分だけ本物にしておいて、上の段は固定した造り物にするというのも良いです。
しかしながら、ゲストにカットしたものをふるまいたいということであれば、平らのものにしましょう。
平らのものだと横から写真を撮った時に、表面の模様や絵柄が見えなくなってしまうこともありますが、切込みを入れた瞬間も綺麗に残すことができます。

ウェディングケーキを華やかにアレンジする飾り

ウェディングケーキを華やかにアレンジする飾り ウェディングケーキは、結婚式で注目を集める要素の一つにあげられます。
そんなウェディングケーキをユニーク且つ華やかに演出するのが、「トッパー」と言われる飾りです。
アメリカを発祥とするアイテムで、もともと19世紀頃から上流階級でおこなわれていた、ウェディングの際に花やオーナメントで飾る習慣から発展しました。
人気の飾りにはいくつかの種類があります。
英語文字の筆記体をモチーフにしたものは、ゴージャスに仕上げたい時に有効です。
紙やプラスチック・アクリル・木製など素材が豊富で、自由度も高いのが人気の要因です。
フィギュアは、ラインナップの多さから注目を集めています。
好みの雰囲気のフィギュアを選べば、可愛さやオシャレさをプラスするだけでなくコミカルに仕上げることも可能です。
また、ハンドメイド感を演出したいなら、ガーランドのトッパーをおすすめします。
簡単に手作りすることができ、新郎新婦の名前を入れたりかわいいマスコットを用いるなど、さまざまに工夫できるのが魅力です。